★注意
最近、模倣対策委員会の名前を騙ってインターネットオークションへの出品者等に警告メールを送付している事例が見受けられるようです。当委員会から特定の個人、団体に対する警告を行なうことはありませんのでご注意ください。
尚、現在jptma@infoseek.jpのメールアドレスを使った事例が判明しています。また、webmaster@jp-ta.jp宛に頂いたメールは、会員の代表からその所属企業等のメールアドレスで回答させて頂いており、@jptma.jpのアドレスでメールをお出しすることもありません。
 日本商標協会模倣対策委員会では、偽ブランド品を中心とする模倣品の流通による企業のブランドイメージ低下を防止するため、その対策についての検討を行っています。委員は、企業社員、弁護士、弁理士等で構成され、この分野におけるそれぞれの経験を披露しあうことで、模倣対策情報の共有化を図り、各委員の活動に役立ててます。
委員会へのお誘い 詳細

 日本商標協会模倣対策委員会では、模倣品を含む知的財産権被害あるいはその対策の経験がある、もしくは模倣品対策の必要性があり、かつ、定例会、ワーキング活動、メーリングリストなどで積極的に情報提供を行うことができる方の参加を募集しています。
お問い合わせ先:
日本商標協会模倣対策委員会 webmaster@jp-ta.jp
▼ウェブサイト利用規則